高山てくてく

「色」のある地域づくりが目標です。群馬県高山村で地域おこしをしています。

Do you know Takayama-Village?

おすすめ記事はこちら

今日から地域おこし!!群馬県高山村の緑のふるさと協力隊になりました。

自己紹介

はじめまして!
この度、群馬県吾妻郡高山村緑のふるさと協力隊として活動することになりました。
名前を増田雄太と申します。
今回は「自分はこんな人だよ~」というのを伝えていきたいです。

普通の大学生

自分の将来進みたい分野については、少しだけ勉強していますが、ホントに普通の大学生です。友達とカラオケ行って、サークルして、花火やイルミネーションなどの季節イベントを楽しんでっていう普通の大学生です。
「そんなよくいる若者が地域で暮らし地域について考えると、どんなことを思うのか?」
若者視点から地域を見つめ、地域おこしに携わっていきたいです。

育った場所

生年月日 1996年6月9日 19歳
出身地  静岡県浜松市
小中校と地元の学校に通っていました。
ただ、小学生の時、父の仕事関係で数年スリランカの学校に通っていました。
今は千葉大学に在学しています(休学中)。

 

先月は久しぶりにスリランカに!☀

f:id:Life_Takayama:20160403115059j:plain

 

好きなこと

・映画鑑賞  
洋画…最高の人生の見つけ方グラディエーターX-MEN
邦画…八日目の蝉、ノルウェイの森

ジブリ
聖蹟桜ヶ丘やBaby King Kitchenなどジブリ関連の場所にも行きます。

・出かけること
プラネタリウム劇団四季など話題のスポットに、友達と行くのも好きです。

 

花見は良いですなぁ~🌸(僕は両手上げてる人(笑))

f:id:Life_Takayama:20160403115500j:plain

どうして大学生が地域おこし?

きっかけ

高校2年の頃、里山の再興に興味があり、あるプログラムに参加しました。そこで研究者の方に「緑のふるさと協力隊」について教えて頂きました。

www.n-gec.org

緑のふるさと協力隊になった動機

まず一つ目に、地域活性化に興味があったからです。
現在、日本全国で様々な方法で地域を盛り上げようとしています。
自分も大学で地域活性の活動に関わる機会がありました。様々な角度からアプローチできる「地域おこし」は本当に面白いと感じました。
ただ、都市で生活していては、主役である「地域」に対する理解が不足すると思いました。
そこで、地域活性化の活動が盛んな地域に身を置き、地域の雰囲気や地域の方々の考えを知りたいと思い協力隊になりました。

二つ目に、じっと腰を据えて「自分のやりたいこと」や「地域」について考えたいと思ったからです。
自分のやりたい「地域おこし」は、観光、特産品、プログラミング技術による情報発信など様々な切り口があります。やり方も個々の地域に合ったものである必要があります。
大学生活をしていると、日々多くのものに追われていて、物事をじっくり考える時間はありません。
そこで協力隊になり、答えのない「地域おこし」について、一年かけて考えを深めていきたいと思いました。

ブログの方針

地域外への情報発信

自分の活動地域である高山村について知ってもらうために、全国の人たちに情報発信していきます。
と同時に、発信する側として高山村についてより理解していきたいです。

自分の中での振り返り

1日の活動報告はもちろん、活動を通じて考えたこと、感じたことを言葉にして表現したいです。そうすることで、1日の活動で学んだことを整理できますし、やりっぱなしにならず一日を反省できると思います。

緑のふるさと協力隊としての抱負

地域の生活に触れながらも、自分のやりたいことを見つめ、学んでいく一年にしていきたいと思います。
みなさん、一年間よろしくお願いします。